ビジネスマンと家の模型

円滑な不動産管理を行うためにシステム導入がおすすめです!

● SITE MAP ●

不動産管理システムはどんな作業をするの?

胸に手を当てる男性

不動産経営は管理が大変、とよく言われます。管理に失敗したばかりに経営につまずく物件も少なくありませんが、不動産管理とは一体どのようなことをやるのでしょうか。
不動産管理のメインとなる賃貸管理業務では物件入居者の管理、家賃の集金、修繕積立金の引当、保険金の支払いなど金銭に関する管理業務が中心です。不動産管理では毎月入る家賃収入と保険金や管理費など費用の管理が業務の中心で、集金漏れや支払い忘れがないかなど細かくチェックします。管理する物件の規模が大きくなるほど不動産管理の対象も増えるため業務は煩雑になり、取り扱う金額も大きくなるのでより慎重な作業が求められます。
経営規模に合わせて複雑化していく不動産管理業務をサポートしてくれるのは、不動産管理システムです。不動産管理システムを導入することで複数の作業を一元管理し、データ入力やチェックなどの負担を大幅に減らせます。
不動産管理システムの種類によっては、銀行口座と連動して毎月の経費の支払いなどを自動化することも可能です。これまで個別に処理していた作業を自動化することができれば、業務は大きくスリム化され、少ない人数で多くの物件を管理できます。ミスの減少にも効果のある不動産管理システムは、賃貸管理業務を助けてくれる存在です。

初めての不動産経営でおすすめの管理システム

不動産経営を行っている人を見ると、多くの方が羨ましく感じるでしょう。不労収入を得る方法として不動産経営は大変人気があり、資産に余裕がある方なら挑戦してみたい分野となっています。しかし安定した経営を行っていくためにはその分野のノウハウを知っておく必要があり、初めて挑戦される方は事前によく勉強して始める必要があるでしょう。では初めて不動産経営される場合に、その準備で必要になるもは何があるのでしょうか。
賃貸管理を行っていくのであれば、不動産管理システムの準備がおすすめと言えます。不動産管理システム導入によるメリットはたくさんありますが、入居者の各種情報を一元で管理できる点は、健全な不動産経営に欠かせないメリットとなっています。家賃の入金漏れを簡単に確認できる点や更新時期の見逃しも防げます。入金管理がスムーズに行えることは、初めての不動産経営にとって非常に心強いものです。
また長期的な不動産管理では、定期的あるいは部分的な修繕工事も必要になってきます。これらの計画も不動産管理システムで行えるので、長い目で見ても大変役立つシステムです。その他にも管理に役立つ機能が多彩にありますから、不動産管理システムを導入して安定した経営を目指しましょう。

大切な契約書は不動産管理システムで一括でまとめよう

不動産管理業務では様々な場面で契約書を結びます。入退室時の賃貸契約書や保険契約書の他にも業務を委託する清掃業者との契約書や修繕、補修の契約書など、1年間に何十枚何百枚の契約書を作成することも珍しくありません。
一つ一つの契約書を丁寧に管理するのはなかなか大変な作業です。紙の契約書を管理するには保管場所も必要ですが、管理する物件数が増えるにつれて必要なスペースも増えてしまうため、長年不動産経営を続けていると古い契約書だけでいっぱいになってしまいます。定期的に廃棄処分する必要がありますが、契約書には一定期間の保管義務もあり、なかなか上手に管理するのは大変です。
重要ながら面倒でもある契約者の管理業務は不動産管理システムで解決しましょう。不動産管理システムを導入することで、賃貸管理のあらゆる場面で作成される契約書をデータ化して一元的に管理できます。契約書はデータとして保存しておけば後から検索するのも楽ですし、必要に応じて情報を取り出し使うことが可能です。契約書が増えても他のスペースは必要なく、古い契約書をきちんと保存しておけるのも大きなメリットです。不動産管理システム上で保管しておけば、経年劣化の心配もなく保管コストを大きく削減できます。

便利な不動産管理システムをお探しなら【コンシスト】をご利用ください。多くの業務を効率化できるので是非、導入・運用してみましょう。

● CHOICE ●

はじめての不動産経営で必要なのは管理システム

不動産経営を始める際に必ず用意すべきなのは不動産管理システムです。不動産経営のためには、いくつもの物件について所在地、賃料、契約期間、付属している機器等々について情報を管理しなくてはいけません。特に、賃貸の場合、家賃が入金されているか管理して、未入金の場合にはすぐに対応することが必要です。紙の…

▶ READ MORE...

多岐にわたる不動産管理業務はシステムを使ってサポート可能

不動産を管理して運営していくためには多くの業務をこなす必要があり、複数の不動産を管理するとなるとその分だけ業務量も増えてしまいます。不動産は賃貸契約などを結ぶことで成立する仕事でもあるため、必然的に契約書をはじめとした書類の量が多くなり、入力作業などこなさなくてはならない仕事も増えてし…

▶ READ MORE...

不動産経営がはじめてなら管理システムの活用がおすすめ

どのようなビジネスに携わるにせよ、経営資源に関して正確な情報を常に入手できる状態にしておくことは、タイムリーで的確な経営判断を継続的に行っていく上で不可欠と言えます。不動産経営も例外ではなく、自社で賃貸管理している不動産について情報の一元管理ができていないと、いざというときに必要な判断を行った…

▶ READ MORE...

不動産管理システムがあればコスパのいい経営が可能になる

各種不動産の賃貸管理をメインの業務として行う不動産管理会社は多いですが、事業が軌道に乗って扱う物件数が増加するにつれて、業務効率化の課題解決がますます重要になってきます。業務量が増えたら、それを処理できるだけのスタッフを追加で採用するという対応も可能ですが、それ以前に是非試してほしいのが、不動…

▶ READ MORE...

TOP